墓石のご案内

木川政石材店では和型墓石、洋型墓石を多数展示しています。実物をご覧いただきながら、ご要望に合った墓石をお選びいただけます。また、木川政石材店独自の岡カロートシステムでは、計20体のお遺骨を収納できますので、ご一読ください。お墓の移転やリニューアルも承っていますので、お問い合わせをお待ちしています。

墓石の種類

和型墓石

和型墓石は縦長で俗に三段墓といわれ、縦に長く背が高いのが特徴です。
江戸時代に原型が確立し日本に浸透しました。
細部に加えた個性的なものも増えてきています。
和型墓石には意味が有り、日本の和型墓石は伝統的な形といえます。

  • 和型一般墓石
  • 和型スリン付墓石
  • 和型上下蓮華墓石

和型墓石供養塔(五輪塔)

五輪塔の意味
なぜ人間は墓を建てるのでしょうか。それは線曽や支社の成仏と追福(死後の世界での幸福)を願って建てるのです。さらに五輪塔には、より善きものに生まれ変わってくることを願い意味があります。

  • 和型墓石供養塔(五輪塔)

洋型墓石

岡カロートシステム

これまでのカロート(納骨室)には水がたまるという苦情がたえませんでした。
地下室にお遺骨を収蔵するわけですから、結露のため骨壷の中に水が貯まるのは避けられませんでした。
この解決策が、カロート内の湿気を換気する木川政石材店独自の岡カロートシステムです。

外柵一段目の石(根石)、及びカロート壁面に換気抗が付きます。
換気抗には、ステンレスキャップが付きます。
カロート内に12体、散骨カロートに8体、計20体の遺骨が収納できます。

ご依頼の流れ

  • お電話でご連絡いただくか、ご来店ください。
  • お客様の墓苑・墓石・ご予算などのご要望をお伺いさせて頂き、ご要望に合った、墓苑・墓石をご提案をさせていただきます。
  • ご提案させて頂きました墓苑の区画をご見学いただきます。
  • お客様のご要望に沿ったお見積りを提出致します。
  • ご提案お見積もりにご納得して頂きましたら契約書を取り交わさせて頂きます。墓苑へのお申込みも代行いたします。
  • 戒名、家紋、メッセージ、建主などの彫る文字を決定して、決まった内容に沿って墓石を製作します。
  • 基礎工事、石積み工事を行います。
  • 工事完了後にご確認いただきました後に、引き渡しとなります。気に成る箇所が有りましたら補修させて頂きます。
  • ご納骨までの墓苑との遣り取りを代行いたします。
  • 成田市営いずみ聖地公園にご契約のお客様には、無償で清掃させて頂いています。

墓石基礎工事から完成まで

写真をクリックすると拡大します。


  • 着工前


  • 路盤修正・転圧


  • コンクリートパイル


  • パイル打ち


  • 路盤転圧


  • 割栗敷


  • 割栗転圧


  • 枠組・鉄筋組


  • 生コン打設状況


  • 基礎完成


  • 組み立て状況


  • 完成

墓地移転

墓地が遠くてなかなかお参りに行けない方々から「近くに移転したいのだが」というご質問を頂きます。
墓地移転(引っ越し)を「改葬」といい、市役所などから改葬の許可をとる手続きが必要です。この手続きを「改葬許可申請」といいます。これは「改葬許可証」を発行してもらうための手続きです。「改葬許可証」を取らずにお遺骨を移動する事はできません。

まず移転する先が確定していないと「改葬許可申請」手続きができませんので、新規に墓地を確定することが最初の行動となります。

これまでのお墓はどうするのか。お寺の墓地、霊園、共同墓地などいろいろなタイプがありますが、「墓地の返還」ということがあります。
墓地を管理している人と事前の相談が必要となります。

「改葬許可申請書」はこれまでの墓地の場所の市役所、町村役場に所定の書式のものがあります。申請書は移転するお遺骨ごとに作りますのでその分の枚数が必要です。
申請書は「申請者」と「墓地管理者」の連名で作りますので、寺院墓地の場合は移転の事情をよくご説明し、これまでお守り頂いたことへのお礼も忘れないで下さい。住職の登録印「角判」が必要です
「改葬許可申請書」の書き方には紛らわしい所もあります。細かくご説明、ご指導いたしますのでご安心ください。
「改葬許可申請書」の記入が終わったら、移す先があることを証明するものを添えて市役所などに提出します。新たに用意した霊園の「使用許可証」(原本)を提示してもよいですが、貴重な書類のため新規霊園から発行された「受入れ証明」を持参する方がよいでしょう。
これで「改葬許可証」が発行されます。手数料は無料です。
これがあって初めてお遺骨を取り出すことができます

一般にはお遺骨を取り出すだけの場合でも墓地に手を付けるときは僧侶にお願いしてご供養をして頂きます。
墓地の返還には多くの場合、更地に復元することが要求されます。つまえい石材などの撤去工事が生じます。石材店に事前に工事の見積もりを取っておくことも必要なことです。
撤去工事の場合でも僧侶にお願いし「閉眼供養ヘイガンクヨウ」をしてもらいます。

土葬体の場合の方法、分骨を頂く方法、魂だけを移す方法などいろいろな具体例があります。実際にお遺骨を運ぶ場合の注意点、運んできたお遺骨を自宅に入れてよいか、新規墓地ができるまでお遺骨をどこに預けるかなどもご相談ください。

お問い合わせ

オーダー墓石。墓石、門柱、鳥居、氏神様など石材に関するご相談を承っております。
電話でのご連絡をお待ちしています。

展示場のご案内

〒286-0827
千葉県成田市西和泉465-2
TEL:0476-36-0438
FAX:0476-36-2300

お知らせ・お客様の声

2014.06.30 お知らせ
HP開設しました。

一覧へ